コラーゲンペプチドって?コラーゲンとの違いや含まれている食材

コラーゲンぺプチドの含まれている食材や、コラーゲンとの違いをお伝えしていきます。

肌のたるみ・年齢肌対策にオススメのコラーゲンペプチドという成分。30代前後、もしくは30代以降の年齢を重ねた女性はぜひ効果的に取り入れたい成分です。

ニキビ跡やたるみ等のケアにも名前の似たコラーゲンは人気ですよね。美容成分を効果的に取り入れたい時に思い浮かぶのが、やっぱり毎日の食事だと思います!

そんなとき「コラーゲンペプチドが入っている食材って何?」と知りたいと思いますが、コラーゲンと違い、コラーゲンペプチドは食材には含まれていません。

コラーゲンペプチドと食事

冒頭にお伝えした通り、コラーゲンペプチドは食事から取り入れる事は出来ません。

コラーゲンペプチドとは、コラーゲンお肌に効率的に取り入れるため、分解しやすくした人工的に作られたコラーゲンです。

ですので、天然の成分ではないため食材には含まれていないという特徴があります。

反対にコラーゲンはフカヒレや魚介類、牛や豚の筋、鳥、魚など様々な食材に含まれています。

コラーゲンとコラーゲンペプチドの違い

では、コラーゲンとコラーゲンペプチドはコラーゲンとコラーゲンペプチドって名前は似ているんですが、実際の所以下様な違いがあるんです。

天然のコラーゲンと、人工的に作られたコラーゲンペプチド

大きな違いとしてはココです。

コラーゲンという成分はドラッグストアのコスメ等で本当によく見かける成分ですが、本来はコラーゲンは体の中で生成される成分で、外から取り入れる物ではありません。

コラーゲンはこのように自然に生成される成分なのに対して、コラーゲンペプチドは人工的に生成されている成分で天然の成分ではないのです。

よくコスメに配合されているコラーゲンと表記されているのは基本的にはコラーゲンペプチドです。

では、コラーゲンペプチドは何故作られたのか?という点ですが、これは美容においてコラーゲンのもつ美肌作用を最大限活かす為に開発されたというのが理由。その為、美容液、化粧水等のコスメやサプリメントにしか基本的に配合されていません。

何故コラーゲンじゃ駄目なの?

「え!でもコラーゲンじゃ美肌になれないの?」と思うかもしれませんがそうではなく、コラーゲンペプチドの方が体の中で分解されやすいという特徴があります。

コラーゲンはタンパク質の一種で、いくつもの分子から生成されているんです!

なので、これを分解しアミノ酸へと変化させないと肌には吸収されません。

ですがコラーゲンは非常に分子数が多く高分子なので分解されにくい!という事で開発されたのが分子数を抑えたコラーゲンペプチドなのです。(低分子コラーゲンとも言われています。)

美肌効果のあるコラーゲンを、より活かすため分解しやすくしたのがコラーゲンペプチドで、コラーゲンよりも体内で分解されやすい=お肌に吸収されやすいという強みがあります。

コラーゲンペプチドを取り入れるには

 

では、コラーゲンペプチドはどこから取り入れれば良いの?という事が気になりますよね!

コラーゲンペプチドは、食事ではなくサプリメントや美容液から取り入れる方法が一番です。

食事からと取り入れられるコラーゲンとは違い、コラーゲンペプチドはこの方法で取り入れるしかありません。

そして、コラーゲンのもつ肌にハリをもたらす効果や、ハリのある状態にする効果はコラーゲンペプチドの方が発揮しやすいと言われています。

次の項目でこの事実について解説してます。

コラーゲンペプチドの効果的な取り方

コラーゲンペプチドは低分子、かつ人工的に作られている成分で、コスメや美容液、サプリメントから取り入れるしか方法はありません。

効率の良い取り方は毎日、一定量を体の中に続けて取り入れる事。

コラーゲンの効果を最大限生かしたいなら毎日続けられるサプリメントが継続性もあり、効果的に摂取できます。

管理人はファンケルのコラーゲンを愛用しているのですが、1000mgの低分子コラーゲンを毎日手軽に摂取できるので肌トラブルの予防にはオススメです。

他のコラーゲンサプリとの違いとして、非常に低分子のコラーゲンペプチドを配合している点が大きいです。

初回の方に優しいお試しや返品保証も付いているので、簡単にコラーゲンペプチドの摂取を試してみたいなら良い方法の一つです。

 

-知識・生活習慣
-, , ,

Copyright© 美容ライフ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.