30代で肌がボロボロ!そんなときはターンオーバー対策で改善を!

 

30代になったらなんだか、肌荒れがひどくなってボロボロになってしまった…。

そんな30代の肌荒れのお悩みを抱えた方はとても多いです。

ただ、30代になって肌が荒れやすくなるのはある意味必然です。

ニキビをはじめ、シミ、たるみ、かさつきなどの肌トラブルが起きやすくなるんですね。

なぜなら人間に加齢はつきもので肌が老化するのは避けられないからです。

鏡をみたらなんだか老けてみえたり、肌がボロボロになっている自分をみて落ち込むかもしれませんが、肌の老化は必ず起きるので深く悩みすぎる必要はないです。

30代の肌荒れ対策には、肌の老化を予防するためのターンオーバーの改善によるエイジングケアをおこなえばいいといわれています。

悩んでいる方も、肌荒れでボロボロになったお肌に対して、何をしてあげたら美肌になれるかを考えて対策をしていきましょう。

肌トラブルになりやすくなるのが30代

肌トラブルになりやすくなる年齢が、実は30代といわれているんです。

ニキビ・シミ・くすみ・たるみなど、20代ではそれほど悩んでいなかった方ですら肌トラブルが表面にでやすくなります。

30代の女性、もしくは男性が、肌トラブルになりやすくなる理由はなんでしょうか。

若い肌=ターンオーバーができている肌

若い方の肌をみて、なんか綺麗だなと思ったりしませんか?

また、30代でも肌がキレイな人はキレイですよね。

なぜ若々しい肌に見えるのでしょう。

それは実はお肌のターンオーバーという働きができているからなんです。

肌の生まれ変わりの機能、つまりターンオーバーの周期が乱れやすいのが30代なんです。

ターンオーバーの意味って何?

ターンオーバーは、若々しい肌を保つために行われる機能の一つです。

ターンオーバーとは、肌の表面にたまった毛穴の汚れをケアすることが生まれ変わりによりキレイになります。

肌年齢を若く保つことができ、肌トラブルに対する肌のバリア機能も高める働きです。

一つわかりやすい例をあげると、玉ねぎです。

スーパーの玉ねぎは表面が汚れていることもあるかもしれないですが、一枚はぐと綺麗な状態で出てきますよね!

肌も表面の毛穴に汚れが溜まると、ボロボロの状態になりやすいですが、これを繰り返すことで綺麗な状態の肌へと変わっていきます。 

ターンオーバーの乱れは30代で起きやすい!

このターンオーバー機能が、30代になると乱れがちになります。

通常、肌のターンオーバーは28日を周期として繰り返しているのですが、加齢によりその周期は伸びていきます。

ちなみにターンオーバーは早すぎてもいけません。

ターンオーバーが伸びるということは、肌が生まれ変わる速度が遅くなるということ。

30代はこの周期の遅れが出始める年代です。

30代前後になると、人間の肌のターンオーバーの周期は長くなっていきます。

関連記事

ターンオーバーを改善すると肌荒れも治る?

30代のターンオーバーが乱れるのはなぜ?

30代はなぜ、ターンオーバーが乱れやすいのでしょう?

加齢するという必然の原因にまとめられるのですが、もう少し具体的に見ていきましょう。

その理由は主に二つあります。

生活習慣の乱れ

30代でお肌のターンオーバーが乱れやすい原因は、生活習慣の乱れが一つ目です。

・長い時間起きていることによる睡眠不足

・食生活の乱れにより野菜が不足すること

こちらの二つがとくに多いターンオーバーの正常化をさまたげる生活習慣の要因です。

とくに30代の方は仕事の残業、転勤や結婚や育児など生活習慣に変化が起きやすいので注意しましょう。

日々の暮らしの中でも、肌のケアには気を付けなくてはなりません。

もちろん、これらの生活習慣を悪化させてしまう要因を避けることは難しいですが、その中でも心がけは大切です。

どれだけ良い化粧水や美容液を使っていても、生活習慣の改善による体の中からのケアはターンオーバー改善には大切と言われているんです。

20代の頃のような肌になるエイジングケアのために、生活習慣はなるべく改善することをおススメします。

暮らしの中で意識することで、肌のターンオーバー周期を取り戻すこともできるようになるでしょう。

ストレスによるホルモンの分泌

二つ目の原因ですが、ストレスも30代の方は気をつけなくてはなりません。

例えば仕事のストレスは大きな原因です。

上司、部下など職場の人間関係、また残業など長時間労働によるストレスは肌にとっては大きい負担です。

こちらの記事でも紹介していますので気になる方はご参考ください。→仕事とストレスニキビの関係

ストレスがたまると、男性ホルモンが分泌され皮脂がたくさん生成される原因になります。

これが結果としてターンオーバーの低下を招いてしまうのです。

 

ターンオーバーを改善する方法

ご説明させていただいたように、内面的な要因で30代はターンオーバーが乱れていきます。

ただ、一番知りたいのは『どうしたらターンオーバーの改善ができるの?』という点ですよね。

30代の方にオススメの、ターンオーバーの改善方法についてお伝えします。

生活習慣を見直し・ストレスを緩和

先ほども申し上げた原因である生活習慣の改善、ストレスの緩和をすればターンオーバーは改善していきます。

こちらに関しては意識して継続的に行うことが大切です。

生活習慣改善の方法
  • 夜遅くまでおきることを避ける
  • スマートフォンを寝るときには遠ざける
  • 昼に極力短くても睡眠をとる
  • 好きなものばかり食べない(野菜・ビタミン系はGOOD)
  • 間食をしない

 

このように、少しでも日常生活の中での改善を意識していきましょう。

以下の記事でも、生活習慣改善の方法をお伝えしています。

 

毎日のケアを見直してみる

30代の方は忙しく、生活習慣の改善を完全にすることは難しいかもしれません。

そんなときは、毎日使用している化粧水や美容液を見直して、外部からのケアを試してみるという手段もあります。

美容成分により肌状態を整えることで、30代の肌のターンオーバーを促進することが可能になります。

できればターンオーバーの改善は外からも補助し、体の中からも同時に行うことがベスト。

特に30代の方に人気がある、ターンオーバー改善に有効な人気の美容液を二つ紹介します。

ここで紹介している二つの美容液は、返金保証がついていますので実質お試しでご利用いただくことが可能なのも人気なポイントです。

ベルブラン

ベルブランは株式会社あいびから発売されている美容液です。

ナノ化油溶性甘草エキスによる浸透力がターンオーバー促進をしてくれます。

またボロボロの肌への効果ですが、とくにニキビ跡の炎症や赤みに対してはグリチルリチン酸2kやトラキネサム酸など有効成分が働きかけてくれるのがうれしいですね。

モンドセレクションも受賞しており、口コミ評価も高い美容液なのでオススメです。

>>ベルブラン公式サイト

リプロスキン

こちらのリプロスキンも、ボロボロなニキビ跡やターンオーバー促進には人気があります。

リプロスキンと同じくブースター効果が特徴。

30代の購入者も多いですし40代の方にもかなり売れています。

すっぴんでも自信がつく!というコンセプトで、ナノBテクノロジーによる浸透力を売りにし、グリチルリチン酸リカジウム、プラセンタを有効成分として配合しています。

メディア掲載や露出も多いので聞いたこともあるかもしれません。

60日間の返金保証がついているので、詳細をチェックしてみてください。

 

リプロスキン公式サイト

二つとも、30代のターンオーバーには人気です。

どちらが良いの?と比較をしてみたい方は以下の記事を参考にしてくださいね。

関連記事

ベルブランとリプロスキンを徹底比較

ボロボロの肌は早めに対策しよう

以上になりますが、まとめさせていただきますと

・生活習慣の改善

・毎日のケアの見直し

この二つを心掛けていけば、30代のお肌のターンオーバーも改善していきます。

なるべく早いうちに対策しておけば、いつまでも若々しいお肌でいるのに役立つでしょう。

参考にしていただければ幸いです。

関連記事

30代の男性ニキビの原因

30代のクレーター対策

-知識・生活習慣
-,

Copyright© 美容ライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.