顔のシミの原因や対策方法!シミ取りに人気のコスメも紹介

顔のシミが全然薄くならない!と、シミの取り方がわからなくて困っていませんか?

顔のシミに悩む方のために、顔のシミの原因と対策に焦点をあててご紹介しています!

治らない顔のシミ(老人性色素斑とかんぱん(肝斑)とも言われます)の原因がわからないと、無駄なケアをするのにお金ばかり使ってしまいますよね。

濃くなる前に早くシミ取りをしたい!!というのは悩んでいる皆さまが当たり前に思うことですが、シミが出来たら手当たり次第に化粧品を買うのではなく、一度顔にできているシミと向き合って原因を知ることが大切です。

顔のシミの原因に対する正しい対策・ケア方法を知り、40代・50代になっても美肌でいられるようにしましょう!ネットで人気のシミケア用のコスメも紹介しています。

顔のシミの原因とは!紫外線だけが原因ではない

顔に出来たシミは、手や身体に出てくるシミと違いやっぱり結構目立ちます。

毎朝の洗顔をしていたら鏡を見ちゃうしすごく気になりますよね!

さっそく原因を見ていきましょう。

顔のシミの一番の原因は紫外線

シミの原因はよく紫外線といわれることが多いですよね。

これは間違っていません。

一点あるとすれば、厳密にいうと紫外線がシミを作るのではありません。

シミの原因となるのは、メラノサイトによるメラニンの生成です。

シミのできるメカニズム

シミができるまでのSTEPは以下のようなイメージです。

図にすると結構わかりやすいと思いますが、

  1. 紫外線をあびてメラノサイトが活性化
  2. 皮膚がメラニンを外に排出する力が低下したりすることで、過剰な生成を処理しきれなくなる。
  3. メラニンの色素がシミを作り出す

という3STEPでシミが発生するんです。

ストレスもシミの原因になる

確かに一番の原因は紫外線によるメラニンの生成ですが、もちろんそれだけではありません。

ストレスがたまると人は老化していくんです。簡単にいうと老けるということです。

人を老化させる活性酵素と呼ばれる酵素は、ストレスと共にどんどんたまっていきます。

これにより皮膚細胞の再生の力が落ちていき、メラニンを処理できなくなることもシミの原因になってくるんです。

つまりはストレスもシミの原因になるということがいえるでしょう!

顔のシミの特徴

シミにはタイプがあるんですが、シミは日光黒子と呼ばれるタイプのシミが多いです。

たとえば他のシミのタイプには

  • 雀卵班(ソバカス)
  • 炎症後色素沈着(ニキビなどのあとのシミ)

などのシミのタイプがあります。雀卵班(ソバカス)は基本的に顔にできます。

顔と体のシミは多くは日光黒子なので、顔と身体での大きな原因の違いはないです。

ただ頬を始め日光を浴びる時間が長いため、顔は身体とくらべても日光黒子のシミができやすいといえますね!

顔にできたシミ対策の方法をチェック

では原因がわかったら、顔のシミ対策をしてみましょう。

自力でできるものもありますし、皮膚科や美容皮膚科にいかないとできない対策もあいrます。

既にできてしまったシミは、濃くなる前に早めに治すことができれば理想的です。

シミケア方法はひとつではなく、いくつかの選択肢がありますので参考にしてください。

レーザー治療

美容皮膚科で行うシミ取りの治療としては、レーザー治療が一般的です。

レーザー治療は、皮膚に無数の小さな穴を空けるレーザーを照射し皮膚表面を傷つけ、皮膚を再生させシミがない肌へと生まれ変わらせるタイプのレーザーと、メラニンの色素だけに作用するレーザーがあります。レーザーによりメラニン色素にだけ反応し色を落とすというイメージです。

二つのレーザーのどちらも、皮膚に照射するという点では変わりません。

怖いイメージもありますが、レーザーを照射した以外の部位には影響を及ぼしませんので安心して受けられるのが特徴です。

最近だとレーザーよりも負担の少ない、光治療と呼ばれる方法もございます。

シミ取りの方法としてはレーザーや光治療は人気がありますが、高額な費用がかかる場合が多いというデメリットもあるので治療前に相談が必要です。

また、レーザーにはダウンタイム(施術後に赤みがでる時間)があったり、かさぶたができる場合もありますので、たとえばまとまった休みの取れないサービス業の方などには不向きかもしれません。

生活習慣の改善

レーザーのような外的な治療ではないので即効性はないですが、生活習慣改善もシミに悩んでいる方にはおススメです。

いかにしてメラニンを発生させないか、またストレスによる活性酵素の発生を抑えるかという点が大きいポイントです。

顔のシミに対して有効な生活改善のポイント

シミができてしまう生活習慣は早く解決するのが大事です!

たとえば以下のようなことを心がけましょう。

生活習慣改善のポイント!

  • 遅い時間までパソコンやスマートフォンをいじらない
  • 睡眠をしっかり時間を長く取る
  • ストレスをためないよう外出する時間・好きなことに費やす時間を作る
  • 禁煙をする
  • 偏った食生活をしないで、ビタミンC、リコピン、ビタミンA、タンパク質などの栄養素が入った食事をするようにする
  • 入浴剤を入れてお風呂にゆっくりつかる

悪い生活習慣の継続はシミだけではなく、にきびの発生やシワの増加などにもつながります。

少しでも悪いと思う箇所は、意識して改善するようにするとシミも少しづつ改善していくでしょう。

化粧品でのスキンケア

シミ対策には、洗顔やクリーム・また化粧水や美容液などの化粧品選びもものすごく大事なことです。

なぜならスキンケアは毎日するので、効果が積み重なっていきます。

洗顔・化粧水・美容液・クリームはなるべく美白効果の成分配合の商品を選ぶようにしましょう。

日常のケア用品選びは、簡単にできて見直し効果が大きい優先的に実践すべき項目です。

とくに最近ではシミ対策コスメに、シミへの有効成分の入った医薬部外品などが人気がありますが、そういったシミに作用する成分を含んだ美白用品がよいでしょう。

シミに作用する成分に関しては、例を挙げると以下のような成分があります。

ビタミンC

ビタミンCはすごく一般的に認知はされている成分ですが、美白作用やエイジングケア成分として、シミのお悩みにも人気があります。

ビタミンCには以下の作用があります。

  • メラニンを肌に還元する
  • コラーゲンを生み出すサポート
  • 抗酸化作用
  • ターンオーバー促進

シミに対してもこうした美肌作用の働きがあるので、抑えておきたい成分の一つです。

サプリメントなどからも手軽に接種ができます。

トラネキサム酸

トラネキサム酸はアミノ酸の一種であり、皮膚のシミ(肝斑、老人性色素斑、炎症後色素沈着)などに効能が認められている成分です。

赤みや炎症を抑えてくれる働きがあると言われています。

プラセンタ

プラセンタはメラニンを抑制してくれる成分です。

シミの原因であるメラニンの生成を抑えてくれる働きがあるので、シミ対策に使える成分として化粧水や美容液にも配合されています。

ハイドロキノン

ハイドロキノンは、肌の漂白剤とも呼ばれ、皮膚科などでも推奨している所は多いです。

新しいメラニン色素を作り出すことを防いでくれますので、シミの改善・予防両方に使用できます。

シミ対策成分入り!人気シミケアコスメ紹介

シミ取りをして美白になりたい!と思ったら美白効果のある成分を配合したコスメを選んだほうが絶対いいです。

スキンケアは毎日続けるものなので、間違った化粧品選びではシミ改善にはつながりません!

顔のシミに優しいコスメ選びのポイントをまとめてみました。

ベルブラン

 

ベルブランはニキビ跡用美容液ですが、シミの赤みに使用している方も多いです。

美白美容液であるベルブランは、グリチルリチン酸を配合しています。

その他にもトラキネサム酸や甘草エキスなど、炎症に強い成分も配合しているので、シミと同時ににきびに悩んでいる方、肌荒れもしている方などにおススメです。

▼返金保証付き!ベルブラン公式サイト

 

こちらもcheck
【シミ対策】ベルブランでシミが消えるってホント?得られる効果とは

ベルブランとシミの関係について紹介しています! ちゃんとシミケアしてるのに茶色いシミやニキビ染みが全然よくならない!と困っている女性の方には、株式会社あいびから発売されているベルブランがオススメです。 ...

シミウス

シミウスはシミに有効なプラセンタを配合した医薬部外品のリフトアップマッサージジェルです。

累計販売数はなんと500万個という数字になっていました。

ダブルクリスタル製法という特別な製法で作ったマッサージジェルで、そのリピート率は90%以上とかなり話題になっていて、使用した方の口コミ評価も高いジェルです!

 

▼キャンペーン中!シミウス公式サイト

 

こちらもcheck
【ネットで話題】シミウスの効果や口コミは?実際にレビューしてみた

シミウスの効果や口コミについて紹介しています。 『ちゃんと毎日キチンと洗顔や美白ケアをしているのに、年齢と共に出てくるシミが全然消えない!』 そんなシミに悩んでいる方からの口コミ評価が高い、シミケア用 ...

スキンピールバーハイドロキノール

スキンピールバーは、AHAを配合したピーリング洗顔石鹸です。

シミにお悩みの方にはスキンピールバーハイドロキノールという黒いタイプが人気です。

ハイドロキノールにはハイドロキノンが配合されているので、シミのメラニン予防を助けてくれます。

こちらもcheck
透明感アップ!スキンピールバーハイドロキノールの美白効果とは

スキンピールバーハイドロキノールの美白効果に迫りました! BHAとAHAというピーリング成分を配合した石鹸がスキンピールバーハイドロキノール。 ピーリング成分に加えて、ハイドロキノンという透明感をもた ...

 

顔のシミの予防も心がけよう!日焼け止め選びのポイント

シミ対策と同時に、シミを予防することも大切なことです。

予防するためのシミケアといえばUVカットで、紫外線予防のための日焼け止めクリームが人気です。

でも日焼け止めクリームには数値が書いてあるのを知っていますか?

普通の女性ならSPF、PAという記号を一回は見たことはあるとおもいます。

これは日を浴びてから日焼けするまでの時間をどれくらい伸ばしてくれるかという目安です。

数値にはちゃんと意味がありますので注意が必要です!

日焼け止めクリームは、以下の2つの数値に気をつけてみてみましょう。

 

数値何を示している?
SPF皮膚が赤くなる反応を、どれだけ防ぐことができるかの目安。50が最高。
PA

皮膚が黒くなる反応を、どれだけ防ぐことができるかの目安。+〜++++で示されていて、+の数が多いほど強い

数値は普通に生活するくらいなら、SPFは30もあれば充分です。

ただ、室内ではなく室外にずっといる場合や、アウトドア、海など紫外線の強い場所の場合は注意しそれ以上の数値を選びましょう。

顔のシミに大切なのは対策と予防

ここまで、顔のシミについての知識を紹介しました。

  • 顔のシミの原因
  • 顔のシミの対策方法3つ
  • 顔のシミのオススメコスメ
  • シミの予防の大切さ

顔のシミがない大人の女性を目指すには、私もシミに悩んでいてわかりますが対策が本当に大切です。

予防をしながらシミ取りを実践して、綺麗な女性を目指しましょう!

▼キャンペーン中!シミウス公式サイト

シミの悩みにオススメの記事

こちらもcheck
【ネットで話題】シミウスの効果や口コミは?実際にレビューしてみた

シミウスの効果や口コミについて紹介しています。 『ちゃんと毎日キチンと洗顔や美白ケアをしているのに、年齢と共に出てくるシミが全然消えない!』 そんなシミに悩んでいる方からの口コミ評価が高い、シミケア用 ...

こちらもcheck
アンチエイジングでたるみ無しの肌に!肌を若く保つコツ3選

アンチエイジングでたるみ肌を改善! 肌を若く見せるアンチエイジングのコツを3つにまとめて紹介しています! 10代や20代、若い頃のたるみの無かった肌に戻りたいと思っている女性は非常に多いですよね。 肌 ...

こちらもcheck
メラニンは30代からのシミの原因!メラニンの対策方法3選

30代からのシミ予防のためのメラニン対策方法を3つにまとめてお伝えしています。 シミが出来てしまうと、シミを薄くしたり消したりするのは一苦労ですよね。進行したシミほど治りづらいため、シミはちゃんとでき ...

-シミ・そばかす・くすみ
-, , ,

Copyright© 美容ライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.