ほうれい線には保湿とマッサージ!ほうれい線を改善する方法

年齢を重ねている女性の方、とくに30代や40代くらいになるにつれ、しわもそうですがほうれい線が気になってくるという方も少なくないはずです。

ほうれい線は治らないというイメージを持っている方も多いですが、実は正しくケアすれば、ほうれい線を早期に改善することも可能な場合もあるようなんです。

ほうれい線が気になって出かけられない!という女性も多いと思いますが、女性のほうれい線ケアに役立つケアの方法を3つ紹介します。

ほうれい線の主な原因は加齢+ストレス

 

ほうれい線はなんでできてしまうんでしょうか?

その答えにズバリお答えいたします。

 

顔などにほうれい線ができる主な原因は、それはストレスや加齢です。

 

まずストレスについてです。

仕事での職場環境やスマートフォンの使い過ぎなどによる私生活のストレスが、ほうれい線が増えることに深く関係しています。

ストレスは流を悪くするので、そうなると老廃物がたまりほうれい線ができやすくなって今うんです。

 

そして避けられないのが加齢によるほうれい線の増加です。

頬の筋肉は、年齢が増加するとともに少しづつ衰えていきます。

 

30代や40代になるとほうれい線ができるのは自然なことです。

 

喫煙も血管の収縮し、ほうれい線ができる原困の一つになります。

血管がせまくなると老廃物が排出されにくくなり、肌年齢の老化が進むのです。

 

また、肌の乾燥・生活習慣の乱れがターンオーバーに影響することもあるのも一つの原因といわれています。

これらの原因はすべて完璧にケアはできません。

ただその進行を予防するためのケア方法はあります。

乾燥肌の方は保湿を徹底すること

先に紹介したように、ほうれい線の原因は一つではありません。
 
なので、ほうれい線の原因で自分に当てはまる原因はなんなのか考える必要はあります。
 
しかし皆さまのほうれい線の原因で統計的に多いのは乾燥だそうです。
 
とくに乾燥する冬になるとほうれい線が目立つという方は、肌の乾燥には注意しましょう。
 
ほうれい線は、しっかりと保湿アイテムを使用することで普通よりも目立たなくすることができます。
 
カサカサした乾燥肌の人のほうれい線は深くなるのに対し、しっとりと潤った肌の人は薄くなるそうです。
 
乾燥によるほうれい線、それはたるみなどが原因でできるほうれい線とは別物です。
年配者だけがなるのではなりません。
 
乾燥を防ぐコツは、化粧水や美容液の活用です。
 
乾燥肌の人は、朝晩に必ず化粧水や美容液を使ったほうがいいです。
 
今は化粧水使用者は本当に増えていますよね!
 
男性でも化粧水や美容液を使用している方は多いです。
 
一年中同じ化粧水を使用するより、冬の間に関してはちょっと高い保湿成分が入ったコスメに切り替えてみるなどすると、コストも少し抑えられるでしょう。
 
乾燥すると皮脂が出てきて、ニキビなどの原因にもなりますので、毎日のスキンケアは徹底すべきです。
 
こちらで紹介しているベルブランなどは、ヒアルロン酸なども多く含んでいておすすめです。
 

フェイスマッサージもほうれい線にはおススメ

 
ほうれい線にはフェイスマッサージも効果的です!
 
フェイスマッサージの原因と、個人のほうれい線の血行は深く関係があります。
 
そのため血行を良くすることは、改善のためにはなります。
 
フェイスマッサージは手で行っても、ローラーなどで行ってもいいです。
寝る前でも入浴中でも構いません。
 
ただ毎日欠かせず継続することが何より大切です。
 
弱ったお肌に対して、あまり力を与えすぎないのもポイントです。
 
それは肌を傷つけてしまい、余計にほうれい線を深めてしまうという逆効果になる可能性もあります。
 
マッサージは、優しく丁寧に毎日繰り返すことで、必ずほうれい線に悩んでいる方の力になります。
 

ほうれい線の一番の対策はほうれい線の予防

ほうれい線をケアしたい方は多いと思いますが、やっぱり一番は作らないことが大切です。

一度できてしまったほうれい線を治すよりも、つくらないことが対策としては簡単です。

できてしまったほうれい線を治すだけではなく予防を意識するとてもgoodです。

ほうれい線やしわのない美肌を毎日のケアで目指していきましょう。

-シワ・たるみ
-,

Copyright© オトナの美肌ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.